はざ掛け
はざ掛け

やぎ農園のお米は、すべてはざ掛け天日干しして収穫しています。

press to zoom
南房総の田園風景
南房総の田園風景

南房総の豊かな自然の中で有機農業を営んでいます。

press to zoom
はざ掛け
はざ掛け

やぎ農園のお米は、すべてはざ掛け天日干しして収穫しています。

press to zoom
1/2
   美しい農村風景が
広がる千葉県南房総市・旧三芳村。ここは、有機農業の先駆地として知られたところです。私たちはここで新規就農し、大地を耕しいます。 

無農薬で栽培した天日干しのお米、レンコンや季節の野菜、大豆、ごまなどをお届けします。宅配のお申し込みもお待ちしています。

​山羊を飼っている八木なので「やぎ農園」と称します。
すべての作物は無農薬・無化学肥料で栽培し、地域の自然と資源を活かした農業を心がけています。
千葉 有機米の宅配 やぎ農園

わが家では十数年前から山羊を飼ってきました。多いときには雄雌合わせて8頭いたときもありました。ところが、2018年の秋、残っていた雌のモモと雄のポンタが相次いで死んでしまいました。現在は山羊飼いに戻れるように準備中です。

千葉 有機米の宅配 やぎ農園 

​天候に左右され、重労働もある農業は大変だと思われるかもしれません。でも、四季の移ろいを感じながら大地を耕す暮らしは心地よく、私たちにとってかけがえのないものです。

​農業は暮らしそのものです。
千葉 有機米の宅配 やぎ農園

​農業というと、一つの職業、しごとだと思われがちですが、たべものの自給や地域の環境を保全するための活動を含めた暮らしそのものなのです。

1.

​やぎ農園パートナー募集

月に1回半日以上農作業等を一緒にやっていただき、育てた無農薬のお米や野菜などを食べていただくという​新たな取り組みです。

2.

​はじめての 有機米づくり実践講座 

小規模農業や半農半Xを目指す方、自分で育てたお米を食べたい方のための講座です。

3.

​育ててたべよう!  田んぼの学校 

田んぼに入ったことがない方、ご家族で体験したい方のための学校です。

​やぎ農園の基本理念

・食べて「おいしい」という感動で幸せを感じること

・働いて「楽しい」という感動で生きる喜びを感じること

・農園を見て「美しい」という感動で心を癒すこと

 

有機農業は、ただ「安心・安全な」食べものを生産するのではありません。自然と共生する有機農業の暮らしには、人間が自然に生かされているのだという実感と様々な感動や喜びがあります。やぎ農園は、人が生きるための力になるこのような感動を大切にしています。

 

有機JAS認証制度が始まる前から有機農業に取り組んできたやぎ農園は、あえて有機JAS認証はとっていません。第三者による認証ではなく、自ら説明することが大切だと考えるからです。わが家の生産物を食べてくださる方との信頼関係、支えあう関係を大事にしています。

 

1970年代に始まる三芳村の有機農業の歴史を南房総の未来へつなぎ、食べてみたい人も働いてみたい人も集う場をつくりだすことを目標に、やぎ農園はこれからも歩んでいきます。

20210305_143446 (2).jpg

研修生募集中

​新規就農を考えている方へ

南房総への移住+就農を       検討されている方へ

やぎ農園は南房総市への移住相談協力農家です。

​やぎ農園の田んぼには、毎年森のようちえんはっぴーの子どもたちが田植え・草取り・稲刈りをしに来ます。その「はっぴー田んぼ」は2021年に10年目を迎えました。

森のようちえんはっぴーとの連携

​最近のブログ記事から

毎月一日だけ開店する農家のお店
​ そうざいや やさい耕房 

​今月は10月8日(金)に開店します。

そうざいや1.JPG

持続可能な未来へつながるはざ掛け米

20210822_165353.jpg

 

   例年より一足早く稲刈りの季節を迎えました。わが家では栽培法はもちろんのこと、収穫や貯蔵、出荷についてもこだわりを持ってきました。非効率的で時代遅れだと多くの農家が思うことでしょう。でも、わが家がこだわりを捨てないことには理由があります。資源の大量消費が地球温暖化につながっていることを世界中で意識するようになった今、そして日本の農家がどんどん減り続けている今、持続可能な田んぼとお米についてわが家の考えを改めてまとめてみました。

詳しくはこちらをご覧ください。

2021年産米のご予約をお待ちしています。

20210719_154506.jpg

 

   一昨年は台風の被害、昨年は7月の天候不順と不作が続き、せっかくお問い合わせやお申し込みをいただいた皆様にはお断りするなどご迷惑をおかけしました。今年は、預かる田んぼが大幅に増え、また梅雨が早く明けたことによってこの先の稲の生育も順調であることが期待できるため、十分にお応えできます。

 わが家で一番穂が出るのが早いヒデコモチと今年初めて作付けした「ふさこがね」も穂が出揃いました。いよいよ8月下旬から稲刈りの季節が始まり、ササニシキ、ひとめぼれ、コシヒカリと順に刈り取りを進めていきます。

 

 わが家では、年間予約を基本としており、月々必要な量を1キロ単位でご指定いただいた上で毎月下旬にお届けしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

今年の麦茶ができました。

20210719_200438.jpg

 

  今年収穫した大麦をそのままにしていましたが、急に真夏がやって来ましたので、慌てて麦茶づくりに取り掛かりました。薪で火をおこし、かまどで炒ります。市販品のように熱風による焙煎ではないので、焦げ色にむらがありますが、その代わりに麦の風味が残っています。一味違う手作りの麦茶をお楽しみください。使っている六条大麦は、やぎ農園が農薬や肥料を使わずに栽培しているシュンライです。

道の駅三芳村にある土のめぐみ館でも販売しています。