top of page
  美しい農村風景が
広がる千葉県南房総市・旧三芳村。ここは、有機農業の先駆地として知られたところです。私たちはここで新規就農し、大地を耕しいます。

農薬・肥料を使わずに栽培した天日干しのお米、レンコン、大豆、ごまなどをお届けします。宅配のお申し込みもお待ちしています。お問い合わせフォームよりお願いいたします。

​山羊×八木で「やぎ農園」と称します。
農薬・肥料を使わずに栽培し、地域の自然と資源を活かした農業を心がけています。
​農業は暮らしそのものです。
千葉 有機米の宅配 やぎ農園

わが家では18年間山羊を飼ってきました。多いときには雄雌合わせて8頭いたときもありましたが、2018年の秋に残っていた雌のモモと雄のポンタが相次いで死んでしまいました。いつかは山羊飼いに戻りたいと思います。 

ブログ「山羊飼いが八木になったおはなし」

千葉 有機米の宅配 やぎ農園 

​天候に左右され、重労働もある農業は大変だと思われるかもしれません。でも、四季の移ろいを感じながら大地を耕す暮らしは心地よく、私たちにとってかけがえのないものです。

千葉 有機米の宅配 やぎ農園

​農業というと、一つの職業、しごとだと思われがちですが、たべものの自給や地域の環境を保全するための活動を含めた暮らしそのものなのです。

1.

​やぎ農園パートナー募集

月に1回半日以上農作業等を一緒にやっていただき、育てた無農薬のお米や野菜などを食べていただくという​新たな取り組みです。​地域の皆さんと交流しながら楽しく働き、おいしく食べませんか!​

2.

​育ててたべよう!  

田んぼの学校 2023

申し込み締め切りました。

田んぼに入ったことがない方、ご家族で体験したい方のための学校です。自分で収穫したお米をたっぷり味わっていただけます!

3.

​研修生募集中! 受け入れ条件を見直しました。

​農業とともに暮らしたい。そんな強い希望を抱いているあなたへ。わが家では、南房総で農家になり地域の一員として暮らしていくためのお手伝いをしています。強い意志があれば、専業、兼業、半農半Xを問いません。

*今年は研修希望者多数のため、募集を停止しました。2025年春からの研修を希望される方は、10月~11月にご相談をお受けする予定です。そのころにお問い合わせください。

​やぎ農園の基本理念

・食べて「おいしい」という感動で幸せを感じること

・働いて「楽しい」という感動で生きる喜びを感じること

・農園を見て「美しい」という感動で心を癒すこと

 

有機農業は、ただ「安心・安全な」食べものを生産するのではありません。自然と共生する有機農業の暮らしには、人間が自然に生かされているのだという実感と様々な感動や喜びがあります。やぎ農園は、人が生きるための力になるこのような感動を大切にしています。

 

有機JAS認証制度が始まる前から有機農業に取り組んできたやぎ農園は、あえて有機JAS認証はとっていません。第三者による認証ではなく、自ら説明することが大切だと考えるからです。わが家の生産物を食べてくださる方との信頼関係、支えあう関係を大事にしています。

 

1970年代に始まる三芳村の有機農業の歴史を南房総の未来へつなぎ、食べてみたい人も働いてみたい人も集う場をつくりだすことを目標に、やぎ農園はこれからも歩んでいきます。

20210305_143446 (2).jpg

森のようちえんはっぴーとの連携

​ やぎ農園の田んぼには、毎年森のようちえんはっぴーの子どもたちが田植え・草取り・稲刈りをしに来ます。その「はっぴー田んぼ」は2021年に10年目を迎えました。

毎月一日だけ開店する農家のお店
​ そうざいや やさい耕房 


次回
2024年2月9日(金)に開店します。
​時間は14:00
~18:00 です。

お弁当のご予約も​承ります。

 ご予約は前日までにお願いいたします。
そうざいや開店日の正午にご用意いたします。

​3月の開店日は8日(金)です。

20220610_140221 (2).jpg
20220610_140121.jpg
そうざいや2023・10月弁当.jpg

南房総市のホームページにやぎ農園のインタビュー記事が掲載されました。

20230811_120905.jpg

 やぎ農園代表・八木直樹が、旧三芳村で有機農業の先達の下で修業をして就農してから27年が経ちました。このたび南房総市の公式サイト内の自分らしいアプローチで突き進む 南房総農業のフロントランナーたち』というページに、市内の3つの農家の一つとしてインタビュー記事が掲載されました。

​ 市内に2500戸を超える農家がある中で選ばれるほどわが家は立派な農家ではありませんが、新規就農経験者として、また有機農業の先駆者たちから学んできた者として、就農には様々な入口があること、農業には様々な楽しみがあり、生きる力を与えてくれる場であることを伝えていきたいと思います。

​*写真は、市内の学校給食でも使われている黒ゴマの盛夏の畑の様子です。

2024年の抱負

IMGP0037(サイズ中).JPG

 今年は、研修希望者が次々に現れるという、思ってもみなかった出来事から始まりました。

 わが家は、地域の田んぼをきれいに管理しながら次の世代へ引き継いでいく中継ぎ役として、より良い方法を探りながら進んできましたが、このホームページを通してのささやかな呼びかけや問いかけをしっかり受け止めてくださる人たちが、私たちが知らない場所に年齢を問わずいらっしゃるということを実感し、とてもうれしく元気をもらいました。

 私は50代最後の年を迎えましたが、ずっと胸に抱いてきた願いに現実が近づいてきたことを感じています。50年をこえる三芳村の有機農業から学んできたことを伝えるとともに、私自身も世代の違う研修生たちから新たな考え方を学ぶつもりで接していきたいと思います。

 今年のやぎ農園の取り組みに関心をお寄せいただければ幸いです。

2023年産はざ掛け米のご予約受付中です。

20230915_121014.jpg

   今年の稲刈りは無事終わりました。ご予約をお待ちしています。

 この夏、南房総では1か月以上雨が降らず、水源のダムが枯渇して田んぼに水が供給されないという非常事態になり、いつも通りに収穫できるのだろうかという不安を抱えていましたが、何とか乗り切ることができました。

 わが家のお米は、すべてはざ掛け天日干しし、籾で貯蔵した上で、年間を通してお届けする直前に籾摺り・精米をしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

*​ササニシキ、ヒデコモチは予約で一杯になりましたので、新規の受付を停止しました。

​また、緑米はイノシシ被害のため今期の販売はありません。

持続可能な未来へつながるはざ掛け米

はざ掛け米

   わが家ではお米について、栽培法はもちろんのこと、収穫や貯蔵、出荷についてもこだわりを持ってきました。非効率的で時代遅れだと多くの農家が思うことでしょう。でも、わが家がこだわりを捨てないことには理由があります。資源の大量消費が地球温暖化につながっていることを世界中で意識するようになった今、そして日本の農家がどんどん減り続けている今、持続可能な田んぼとお米についてわが家の考えを改めてまとめてみました。

 

詳しくはこちらをご覧ください。 

​​南房総市の学校給食でも使われている黒ゴマ販売中です。

洗いゴマ

 ご好評をいただいている黒ゴマです。仕上げの選別を手作業で行ってから順次発送いたします。​わが家のゴマは、洗って乾燥させただけの「洗いゴマ」です。フライパンなどで炒っていただき、炒りたての香りをお楽しみください。

(*写真は、洗った後天日干しをしている様子です。)

​ なお、下記のリンクよりゴマの栽培・収穫・選別の様子を動画でご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

無塩タイプも好評です。
風味豊かな
玄米ぽんせん

5種セット_edited.jpg

農薬・肥料不使用で栽培し天日干しで仕上げた自家栽培米のみを使ったぽんせんべいです。油を使わずに、玄米をそのまま自家加工しました。玄米の風味豊かで素朴な味わいです。全部で5種類あり、塩味のものは自然海塩で味付けしてあります。無塩のものは、小さなお子様や塩分の摂り方を気にかけていらっしゃる方々に喜ばれています。古代米ぽんせんは、緑米(古代米もち玄米)を使い、サクッとした軽い食感が特徴です。

 そのままおやつとしてはもちろんのこと、グルテンフリーのシリアルとして、あんこやチーズなどをトッピングして、お湯をかけたりスープに入れて・・・など、いろいろな食べ方をお楽しみいただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

道の駅三芳村にある土のめぐみ館​と海のマルシェたてやまでも販売しています。発送も承ります。 

やぎ農園の玄米でつくった​玄米珈琲販売中です。

玄米珈琲

 

 千葉県館山市にあるブロワ珈琲焙煎所が、やぎ農園の玄米をじっくり時間をかけて焙煎したからだに優しい飲み物です。やぎ農園でも販売を始めました。ティーバックになっていますので、そのままお湯を注いでいただくこともできますし、しばらく煮だしてからお飲みいただくこともできます。濃さによって違う味わいをお楽しみください。ノンカフェインですので、珈琲の苦手な方にもおすすめします。

詳しくはこちらをご覧ください。

​最近のブログ記事から

bottom of page