有機農業について国会議員と初めて懇談

 昨年ブログ「耕さない畑の生命力に感動」でご紹介した千葉県東庄町のさくま草生農園の佐久間清和さんから先日、「近々国会議員が訪ねてくることになったのだけれど、話し合いに参加しませんか」とのお誘いをいただきました。佐久間さんが野菜をお届けしている方が須藤元気参議院議員(無所属、農林水産委員会)のお友達で、ぜひ有機農業の現場を訪ねて農家とお話がしたいという提案があって実現したということです。私も参加させていただくために、成田市にあるおかげさま農場の高柳功さんを訪ね、佐久間清和さん・知子さん夫妻と合流し、懇談会に参加しました。

 高柳さんに初めてお会いしたのは、20年ほど前、まだ就農してから5年目くらいの時でした。私たちは自然の恵みをいただいて生きているのだという気持ちを込めた「おかげさま農場」という名前、農業についての高柳さんの深いお考えにとても感銘を受けました。その後、高柳さんとは千葉県内の有機農業者の活動でたびたびご一緒する機会がありましたが、今回は本当に久しぶりにお会いすることができました。有機農業関係者が参加した懇談会にはもう一人、寺田静参議院議員(無所属、環境委員会)が参加しました。主に高柳さんと私が、2人の国会議員に有機農業についての話をするという形で懇談会は進みました。懇談会の後には、参加者で高柳さんを囲んで話し合いました。この日印象に残った言葉から考えたこと、私がお話したことについて書こうと思います。

農業についてのフランス人の意識

 まず高柳さんのお話で特に印象に残ったことは、「日本では教育で農業を教えなかった」という言葉です。どういうことかというと、農業が国民の食を保障しているという当たり前の事実を、日本では子どもたちに教育の場で教えてこなかった、だから農業の役割も重要性も理解できる人が少ないということです。高柳さんは、親せきがフランスに住んでいたこともあり何度か訪ねたそうです。フランスでは、「農業の問題は、国民の食料の問題だ」というのが当たり前の国民の理解だそうです。その当たり前のことを、日本ではまるで農家にとっての問題であるかのように、あるいは国益に反するかのように他人事として報道され、国民もそう思っている人があまりにも多いのが現状です。だから高柳さんは「日本では教育で農業を教えなかった」と言われるわけです。

 しかもフランスで小麦の自給率を聞くと百何十%との答えが返ってくるので、「それは問題ではないのか?」と尋ねると、「問題ない」と答えるそうです。余るくらいなら、何があっても国民が飢えることはないということだそうです。それに対して日本はどうかというと、減反政策で米を余計に作るのは罪であるかのように言われ、多角的貿易交渉ガット・ウルグアイラウンドではコメの部分開放を認めて完全自給を放棄しました。国民が飢えないようにするという姿勢が政府にはまったくないという状況です。